Press "Enter" to skip to content

手帳の正しい使い方

手帳には、約束を書く。

他人との約束と自分との約束。

これが一番正しい手帳の使い方。

これ以外のことを書いても問題があるわけではないが、最低限これだけは必要だ。

手帳にすべての約束を書く。

これが手帳の正しい使い方だ。

手帳の正しい書き方

手帳には、約束を書く。

すべての約束を漏れなく手帳に書く。

それが手帳を正しく使う第一歩。

約束の一部が漏れていたり、書き間違えていたなら、手帳を見返して、漏れの無いように直していく。

手帳には、正しい約束がすべて書いてあるようにする。

これが手帳の正しい書き方だ。

手帳に工夫を加える

手帳には、約束を書く。

日時の決まった約束は、スケジュール欄に書けば良いが、日時の決まっていない約束は、付箋紙に書いて、スケジュール欄に貼っておく。

こんな工夫で、日時の決まっていない約束を意識できるようになる。

手帳と付箋紙を使って、日時を管理すれば、約束をすべて手帳に書くことができるのだ。

まとめ

手帳には、約束を書く。

他人との約束と自分との約束。

日時の決まった約束は、スケジュール欄に書く。

日時の決まっていない約束は、付箋紙に書いて、いつも見るページに貼っておく。

手帳は、常に見返して、不足している情報を付加していく。

手帳には、すべての約束が漏れなく書いてあるようにする。

手帳は、正しく使ってこそ、役に立つアイテムになるのだ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です