Press "Enter" to skip to content

手帳に付箋紙を貼ろう

Last updated on 2020年4月27日

手帳には、約束を書きます。

他人との約束と自分との約束。

多くの約束は日時が決まっています。

しかし、日時の決まっていない約束もあります。

日時の決まっていない約束は、付箋紙に書くと便利です。

付箋紙はどこにでも売っていて、色々な形や色があります。

100円ショップでも売られていて、簡単に手に入ります。

付箋紙は、何度も貼り直しができるので簡単に場所を移すことができて便利です。

何種類かの付箋紙を用意して、使い分ける方法もあります。

手帳の裏表紙などに複数の付箋紙を数枚づつ貼っておき、必要な時にすぐに使うことができます。

付箋紙はこんなに便利

付箋紙は、色も形も豊富で好きなものを選ぶことができます。

大きなサイズから小さいサイズまであり、目的に合わせて選べます。

何度も貼り直しができるので、一番よく見るページに貼り直すことができます。

手帳の裏表紙などに未使用の付箋紙を複数枚貼っておき、必要な時に使うことができます。

付箋紙は使い方が決まっていないので、自分だけの使い方を決めて使うことができます。

何も書いていない付箋紙が貼ってあっても、自分だけその付箋紙の意味がわかっていれば、貼るだけで役に立ちます。

付箋紙の使い方の例

(1)日付の決まっていない約束を付箋紙に書いて、一番見るページに貼っておけば、やるべきことを常に意識することができます。

(2)緊急でメモを取らなければならない時に、付箋紙に書いてあとでしっかり書き直すこともできます。

(3)プライベートと仕事で付箋紙の色を分けて、手帳を見やすくすることもできます。

(4)重要度の高い約束は目立つ色の付箋紙を使うなど、優先順位をつけることができます。

(5)スケジュール欄が小さい場合、補助的な情報を付箋紙に書くことによって、スケジュール欄が埋まってしまうことを防ぐことができます。

(6)透明の付箋紙を使うことによって、付箋紙で他の情報が隠れてしまうのを防ぐことができます。

付箋紙ならすぐに使い始められます

何かを始めようと思うと準備が必要です。

しかし、付箋紙はどこの家にも必ずと言ってよいほどあります。

何の準備もせずに始められます。

しかも、付箋紙の値段は安いので、いつでも取り替えることもできます。

大き過ぎたら、小さいものを買えば良いし、色が気に入らなければ、他の色も簡単に手に入ります。

付箋紙は、手帳を自分流に改造できる一番簡単なアイテムで一番役に立つアイテムでもあります。

付箋紙は、あなたの手帳ライフを豊かなものにしてくれます。 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です